起業したばかりでも持てる法人カード

審査に通りづらい最初の3年間

法人カードは個人向けのクレジットカードと比べると審査基準が厳しく、設立されてから3年間はカードの審査には通りづらいと言われています。もちろん、3年が経過した後でも経営が赤字だったりすると審査落ちする確率は高くなってしまいますが、設立当初3年間は、どんなに経営が黒字でも安定していても審査に通りづらいものです。しかし、ビジネスによっては設立当初こそ法人カードを持って経理作業を簡単にしたいと考える人も多いものです。法人カードの中には、それぞれのビジネスオーナーに対してケースバイケースでフレキシブルに対応してくれる発行会社もあるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

アメックスはビジネスオーナーに優しいカード

個人向けのクレジットカードに加えて法人カードも取り扱っているアメックスでは、法人向けにはクラシックカードとゴールドカードの2種類がラインナップされています。設立3年未満の企業でもアメックスなら利用限度額は少額になってしまうという条件がついてしまうものの、審査に通る可能性があるので、中小企業のビジネスオーナーはぜひ検討してみてはいかがでしょうか。アメックスというとVISAやMASTERとは一線を介して別枠というイメージがありますが、世界中に通用するステータスカードなので、使いづらいということはほとんどないようです。ただし年会費無料というわけではなく、クラシックカードでも年会費が12000円かかってしまう点がデメリットと言えます。

楽天ビジネスカードもおすすめ

楽天ショッピングサイトや野球チームなどでおなじみの楽天では、法人カードも取り扱っています。楽天ビジネスカードと呼ばれるプレミアムカードは、年会費が12000円かかるカードですが、旅行やショッピングの際の補償が充実していますし、空港ラウンジも世界中で600か所以上を利用できる特典が付いています。申し込んでから発行まで1週間というスピード対応も魅力的です。