年会費無料の法人カードなのに有料?

年会費無料の仕組み

法人カードには「年会費無料」と謳われているものがたくさんありますが、これらすべてが、永久無料というわけではありません。法人カードの中には、年会費はかかるけれど初年度に限っては無料で持てるというものもありますし、年間の利用額が一定ライン以上ならその年の年会費は無料になるけれど利用額によっては年会費が通常通りかかるというものまで幅広くあります。近年では雇用形態の多様化や自営業を起業する人などが増えているため、比較的低コストで持つことができる法人カードも増えていますし、中には年会費が永久無料というものも登場しています。もしもカードの利用状況に関係なくコストがかかることなくカードを作りたい場合には、年会費が永久無料タイプのものを選ばなければいけません。

利用規約をよく読むこと

法人カードの年会費がいくらかかるのか、また年会費を無料にするためにはどんな条件を満たさなければいけないのかは、カードを申し込む際の利用規約を熟読すれば明記されています。どんな条件で年会費が無料になるかは発行会社ごとに異なっていて、比較的個人事業でも簡単にクリアできる条件の場合もあれば、年間に何十万円もカード利用をしなければ年会費がかかってしまうこともあります。自分自身のビジネスにとってクリアできる条件なのかどうかをまずは客観的に把握した上で、クリアできなかった場合にかかる年会費の金額も含めてどのカードが良いのかを比較検討したいものです。

年会費はいつ徴収されるの?

法人カードの年会費は、一般的にはカードにチャージされます。例えば初年度の年会費が無料というカードの場合には、最初の1年目は無料なので年会費はかかりませんが、カードが発行されてから丸1年経ち、2年目に入った最初の日にカード利用として年会費がチャージされることになります。この年会費は基本的にはカードを解約しても家賃のように日割り計算で返金されることはありませんし、前払いなので、2年目の年会費は2年目の最初の日に徴収されることになります。