法人カードにガソリンカードはつけられる?

ガソリンカードとは

ガソリンカードとは、営業車や社用車が走行するために必要なガソリンをクレジットカードとして後払いできるのに加えて、給油の際には通常価格ではなく少しお得な会員価格で利用できるというメリットがあるカードです。個人向けにはクレジットカードの追加カードとして発行してもらうことができますし、ガソリンスタンド系企業が発行するクレジットカードと一体型になっていることもあります。法人カードの場合でも、VISAやMASTERのロゴがついているクレジットカードと一体型にすることもできますが、多くの場合には系列のガソリンスタンドで利用できる専用のカードが多いようです。

メリットは多い

法人ガソリンカードには、たくさんのメリットがあります。ガソリンスタンド系列の発行会社の場合には、ガソリンカードを単体で作ることもできますし、そこにJCBなどのロゴを入れてクレジットカード機能をつけることもできます。また、ETCカードを追加カードとして発行してもらうこともできるので、ビジネスの種類や希望に合わせて機能をカスタマイズしやすいというメリットがあります。また、給油のたびにお得な価格で利用できたり、給油するとポイントが貯まるなどの特典がついているものも多く、良く利用する企業にとってはポイントを貯めて商品券などに交換することもできます。

選び方のポイント

法人向けのガソリンカードを選ぶ際には、ついている特典や年会費などを多方向から比較検討してピッタリのものを選ぶのがおすすめです。出張の際に保険や補償がついているカードもありますから、ビジネスのタイプや種類に応じて適切な補償が付いたものを選ぶことで、さらに経費節約につながります。従業員が出張に行くことが多い企業なら、クレジットカード機能が付いたものを選べば、移動にかかる交通費から宿泊費まで幅広くカバーできるのでとても便利ですよ。法人カードはカード1枚発行ごとに年会費がかかるものが多いので、その辺も良く比較しながらカードを選びましょう。