法人カードにETCカードをつけることはできるのか?

法人カードにこそ便利なETCカード

営業車を持っている企業や配送業などに関係する事業においては、従業員が社用車で高速道路を日常的に利用したり、ガソリンを給油することが多いものです。法人カードがない場合には、従業員は自己負担で給油を行い、あとから経理で清算しなければいけませんし、清算した分をすぐに返金してくれずによく給料日にまとめて返金というスタイルをとっている企業もあります。そうすると、従業員たちの自己負担分が生活を圧迫することにもなりかねませんし、仕事で高速道路を利用する際には前もって十分な通行料金がお財布に入っているかを確認しなければいけなかったりして、かなり面倒なものです。そんな時こそ、ETCカードがあるととても便利ですし、法人カードの中には追加カードとしてETCカードを発行している発行会社もたくさんあります。

 

法人ETCカードの種類

法人向けETCカードは、クレジットカード機能があるものと、ETCカードだけになっているものの2種類に分類することができます。配送会社や運送会社等ETCの利用額が大口になるビジネスでは、ETCのコーポレートカードを利用することもでき、その場合には利用金額に応じて大口割引などが適用されて、経費節減につながります。クレジット機能がつているものは、従業員の出張などにとても便利で、通行料金をETCカードで後払いできるとともに、宿泊やその他の経費もすべてクレジットカードにチャージすることで、出張後の清算作業が楽になります。

年会費はどうなってるの?

法人カードにETCカードをつける場合、カード発行会社ごとにETCカードについての年会費の取り扱いは異なっています。何枚でも無料で発行してくれるという所もあれば、1枚当たり保証金を数百円徴収するという所もありますが、ETCカード1枚につき数千円の年会費がかかるという法人カードは少ないようです。比較的低コストで持ちやすいカードが多いので、法人カードと一緒に発行してもらう企業は多いようです。