マイルを集約できる法人カード

通常の法人カードでのマイルの貯め方

法人カードでマイルが貯まるカードはあるのですが、そのマイル自体は利用した個人に対してというカードがほとんどです。ANAカードが代表的で、法人カードとして使用する分には問題ないのですが、プライベートではあまり活躍できないカードという評価を受けています。

「そもそも法人カードなのだからそんなことは当たり前」と考えている人も多いのですが、せっかくだからもっと有効活用できるカードをしたい人も多いのではないでしょうか。特にカードを発行してもらった代表者の場合、そのカードを選ぶ一押しをしてくれる要素は気になるはずです。

ANAダイナースコーポレートカード

ANAカードについての特徴は前述した通りですが、もちろん例外はあります。それが「ANAダイナースコーポレートカード」です。このカードは、無駄なくマイルを貯められるカードとして人気があります。

カード利用ポイントをマイルに移行でき、そのポイントは有効期限がありません。通常、ポイントの場合はいつまでに使わなければ失効するということが多いのですが、ANAダイナースコーポレートカードならその心配はいりません。そして、法人内でポイントを集約して、マイルへ移行できるカードなのです。

法人ポイントの集約先は代表者カードのみが対象で、別途申込みが必要になります。しかし、ポイントおよびマイルを有効活用するカードということなら、これほど魅力的なものはなかなかありません。これなら、代表者としても強い魅力が感じられるカードではないでしょうか。

様々な方法でもマイルが貯まります。

ANAダイナースコーポレートカードはカードの利用、飛行機への搭乗の他に、楽天Edyを利用することでもマイルが貯まります。チャージと支払いで200円につき1マイルが貯まるので、積極的に活用することで効率よくマイルが貯められるのです。法人カードでマイルを貯めるなら、知っておいて損のないカードです。