法人カードの審査基準は厳しい

個人向けカードとは異なる審査基準

法人カードの中には、大企業向けのものもあれば中小企業・個人事業向けのものまで幅広くあります。法人カードが個人向けのクレジットカードと決定的に異なる点は、個人の名義で持つのではなく、その企業の信用でクレジットカードを持つという点です。申し込みをすると個人向けカードと同様に審査が行われますが、審査基準は個人向けのカードよりも厳しいことが多く、起業したばかりの場合には審査落ちすることも多いようです。一般的には、法人カードの審査に通りやすくなるのは設立されてから3年以上が経過した企業と言われています。石の上にも3年と言いますが、法人カードにおいてはまさに3年間ビジネスとして安定していることが審査にパスするためには必要な要件となっています。

黒字経営でなければ難しい

法人カードには、年会費が数万円かかるものから数千円のものまでありますが、年会費と審査基準にはあまり関係はありません。そのため、少しでも審査に通りやすくしようと年会費が低いものを選んで申し込んでも、審査では企業の経営状況が慎重にチェックされるので、赤字経営だったりすると審査には通りにくくなってしまうようです。

審査が厳しい理由

個人向けのクレジットカードだと、発行会社によっては審査基準が比較的緩くて持ちやすいものも見つけることができます。しかし法人カードの場合には、どの発行会社でもかなり厳しい審査基準が設けられているので、A社のカードが作れなかったからB社に申し込んでみようと思っても同じ結果になってしまうことが多くなります。法人カードの審査が厳しい理由はいくつかありますが、ビジネスは個人と比較してかかる経費や出費が多く、カード利用額も大きくなることが多く、万が一の倒産などではカード発行会社が融資回収できなくなってしまうリスクが高いためと言われています。最近では経済全体が不景気なので、規模が大きな企業でも倒産してしまうリスクはあります。発行会社によって審査基準は多少異なるものの、個人向けのカードよりも厳しいということは知っておきましょう。