年会費無料の法人カードを上手に見つけるコツ

年会費無料のカードはあるのか

個人向けのクレジットカードでは、年会費が永久無料というカードがたくさんあります。永久無料というのは、カードをどのぐらい利用したかに関係なく必ず年会費は無料になるというもので、極端に言えばカードをその年に1回も利用していなくても年会費は無料で維持することができます。法人カードを比較してみると、どのカードでも多かれ少なかれ年会費が発生するものが多く、少ないものでは数千円程度ですが、ゴールドカードなどのステータス系法人カードになると、年会費が数万円かかるものもあります。しかし、近年では雇用形態の多様化や個人事業を起業する人の増加に伴って、できるだけ低コストで持てる法人カードが増えていて、年会費が無料のものも登場しているようです。

年会費無料のメリット

年会費無料で持てる法人カードだと、カードを維持するための経費がかからないというメリットがあります。特に規模が小さな中小企業や個人事業にとっては、少しでも経費を削減して売上アップに貢献したいものですから、年会費無料のクレジットカードは大きな魅力なのではないでしょうか。また、カードの中には、基本的な年会費は発生するけれど年間利用額によっては年会費が無料になるというタイプのものもあります。ビジネスによって年間にどのぐらいのカード利用があるのかは異なりますから、自分自身のビジネスだと年会費が無料になるラインに到達するのかどうか、という点も考えながらカード選びをしましょう。

デメリットは?

年会費が無料で持てる法人カードには、デメリットもあります。それは、サービスや補償がどうしてもイマイチになってしまいやすいという点です。企業や事業の種類によっては、補償やサービスがついていなくてもあまり困らないこともありますが、場合によっては法人カードは無料でも特典や補償が少ないために別枠で補償をつけなければいけなかったりして、手間も時間もコストもかかってしまい、結局は割高になってしまうこともあります。

無料がベストとは限らない

法人カードの年会費は、必ずしも無料がベストというわけではなく、カードに付帯されているサービスや特典をよく比較検討した上で、ビジネスにとって必要な特典は残したまま、できるだけ低コストで持てるカードを選ぶことが必要です。例えば、出張に出かける機会が多く、出張先で買い付けを行うビジネスなどでは、出張先での万が一に備えた旅行保険やショッピング保険などがついているものを選べば大きな安心感につながります。また、配送業や営業車を多く使うビジネスなどでは、社員用のETCも必要になりますから、ETC発行もできるだけ低コストでつけられる法人カードを選びたいものです。使わない特典がたっぷりついていても、それは無駄になってしまいますが、ついていると助かる特典や補償は、法人カードの付帯サービスとしてつけるのが最安になることが多いので、その場合には年会費が有料でも最終的には経費の削減につながることもあります。

初年度の年会費無料は多い

法人カードの中には、通常は年会費がかかるけれど初年度に限って年会費が無料になるという特典が付いているものがたくさんあります。これは文字通り、年会費がかからないのは初年度のみで2年目からは年会費が通常通りにチャージされるということなので、いくらの年会費がかかるのかはあらかじめしっかりとチェックしておきましょう。法人カードに限らず、クレジットカードの年会費支払いは、カードにチャージされることが殆んどです。カードを発行してもらった日から丸1年が経過すると、2年目に入った日付でカード年会費がチャージされることになります。年会費が発生する際には、前もってお知らせなどは送られてくることはありませんので、経理事務ではうっかり忘れてしまうことが無いように意識しておかなければいけませんね。最初の年だけでも年会費がかからないものを選べば、経費節減につながるのではないでしょうか。

法人カード・ビジネスローン比較ラボ

法人ETCカード比較ラボ